上級者も納得!タッチが本物に近いおすすめ電子ピアノランキング

※本記事はアフィリエイト広告を利用しています。

●電子ピアノでも上達できる?
●住宅環境が要因で、どうしてもアコースティックピアノが買えない
●安い電子ピアノでも、グランドピアノとのタッチの違いを感じている
●長年ピアノを弾いているので、10万円台の電子ピアノの音や弾き心地に不満がある
●おすすめのハイブリッドピアノは?

というアナタに楽器屋店員のyamaが、弾き心地やタッチが本物のグランドピアノに近い高品質なおすすめ電子ピアノをランキングでご紹介します。

そのほか、電子ピアノにまつわる疑問も解説しています。

スポンサーリンク

目次

本物のピアノタッチに近い電子ピアノのおすすめランキング

スクロールできます
商品順位市場相場価格ポイントリンク

CASIO
GP-510
1462,000円ベヒシュタインコラボで、グランドピアノの鍵盤アクションを採用 Amazon
楽天
Yahoo

CASIO
GP-310
2352,000円市場で最安クラスのハイブリッド電子ピアノ Amazon
楽天
Yahoo

Roland
LX708
3502,300円高い耐久性とデジタル技術 Amazon
楽天
Yahoo


YAMAHA
CLP-785
4412,500円木製鍵盤を採用したヤマハ最上位機種の電子ピアノ Amazon
楽天
Yahoo

KAWAI
CA901
5440,000円木製鍵盤を採用したカワイ最上位機種の電子ピアノ Amazon
楽天
Yahoo

YAMAHA
N1X
6715,000円ヤマハ製で一番安いグランドピアノの鍵盤アクション

KAWAI
NV10S
71,004,800円カワイ最高峰のハイブリッドピアノ Amazon
楽天
Yahoo

YAMAHA
NU1X
8437,800円アップライトピアノの鍵盤アクション構造 Amazon
楽天
Yahoo

KAWAI
NV5S
9697,600円アップライトピアノの鍵盤アクション構造 Amazon
楽天
Yahoo

ピアノのタッチ感とその重要性

ピアノを弾くとき、指先から伝わる感触を「タッチ感」と言います。

これは、ピアノの鍵盤を押す力や速さ、指の動きなどが音にどのように影響するか、弾き心地に大きく左右されます。

そのため、ピアノを選ぶ際には、タッチ感が自分の演奏スタイルに合っているかを確認することが重要です。

タッチ感がピアノ演奏に与える影響

タッチ感は、ピアノ演奏において非常に重要な要素です。

強く鍵盤を押すと音は大きく、ゆっくりと押すと音は小さくなります。また、鍵盤を速く押すと音は鋭く、ゆっくりと押すと音は柔らかくなります。

次に、タッチ感は演奏者が音楽を表現するための重要な手段です。例えば、情緒的な曲では、タッチ感を使って音量や音色の微妙な変化を作り出すことで、聴き手に深い感情を伝えることができます。

また、タッチ感は演奏の快適さにも影響します。自分の演奏スタイルに合ったタッチ感のピアノを選ぶことで、長時間の練習でも疲れにくく、楽しく演奏を続けることができます。

以上のように、タッチ感はピアノ演奏において非常に重要な役割を果たします。そのため、電子ピアノを選ぶ際には、本物のピアノに近いタッチ感を提供するモデルを選ぶことがおすすめです。

タッチ感が悪いピアノがもたらすデメリットとは

タッチ感が悪いピアノは、演奏者にとって多くのデメリットをもたらします。

  1. 表現力の低下: タッチ感が悪いと、鍵盤を押す力や速さが音に直接反映されにくくなります。その結果、音量や音色の細かな変化を作り出すことが難しくなり、音楽の表現力が低下します。
  2. 上達の妨げ: タッチ感が悪いピアノでは、本物のピアノと同じような感触で演奏することができません。そのため、電子ピアノでの練習では、本物のピアノでの表現力に結びつかず、練習してもなかなか上達しません。
  3. 演奏の不快感: タッチ感が悪いと、鍵盤を押す感触が不自然であったり、反応が鈍かったりします。これは演奏者にとって大きなストレスとなり、練習のやる気がなくなります。

電子ピアノとグランドピアノの違いとは?

なぜ電子ピアノとグランドピアノのタッチは違うのか

電子ピアノとグランドピアノのタッチが違う理由は、その構造と音を出す原理にあります。

グランドピアノは、鍵盤を押すとハンマーが弦を打つという物理的な動作により音が出ます。

一方、電子ピアノは電子的なセンサーが鍵盤の動きを感知し、それに応じた音を電子的に生成します。この違いが、タッチ感の違いにつながります。

鍵盤の材質の違い

グランドピアノの鍵盤は高品質な木材で作られていますが、電子ピアノの鍵盤は木材以外にも、一部のモデルではプラスチックなどで作られています。

これにより、鍵盤の重さや滑り具合、温もりなどの感触が異なります。

指先は繊細な質感も把握できるため、演奏者はその違いを認識します。

音色の違い

グランドピアノの音色は、弦の振動と共鳴板の共鳴によって生まれます。

一方、電子ピアノの音色は、実際のピアノの音をサンプリングしたものや、音を合成する技術によって生まれたデジタル音です。

そのため、音色の深みや豊かさにおいては、グランドピアノと電子ピアノには違いがあります。

上級者が納得できるピアノのタッチを、どのように再現しているか

高品質な電子ピアノは、上級者が納得できるピアノのタッチを再現するために、様々な工夫をしています。

例えば、鍵盤の重さを調整してグランドピアノに近い感触を出したり、鍵盤の動きに応じて音の強弱や音色を細かく調整する技術を用いたりします。

ハイブリッドピアノとは

ハイブリッドピアノと呼ばれるものでは、木製の鍵盤を使用したり、ハンマー動作を模倣した機構を採用したりして、より本物のピアノに近いタッチ感を追求しています。

電ピアノで正しい技術の習得は可能?

電子ピアノでも、正しい演奏技術を習得することは可能です。しかし、そのためにはいくつかのポイントを理解することが重要です。

例えば、グランドピアノよりも軽いタッチの電子ピアノでの練習が多いと、アコースティックピアノを弾く際に力が入りすぎてしまう可能性があります。

これは電子ピアノの設定で鍵盤の重さ(キータッチ)を調整することで、ある程度解消することが可能です。

また、電子ピアノは音量を調節できるため、自宅での練習には非常に便利です。

しかし、その一方で、自分の弾き方が音量にどのように影響するのかを理解するためには、グランドピアノくらいの音の大きさで練習することも重要です。

さらに、電子ピアノの中には、アコースティックピアノのタッチを再現した高品質なモデルもあります。確かな上達を目指すなら、これから紹介する機種をおすすめします。

最後に最も重要なことは、定期的にアコースティックピアノでの練習を行うことです。

以上のような点を考慮すれば、電子ピアノでも十分に上達することは可能です。

グランドピアノに近い電子ピアノの選び方

予算

電子ピアノの価格帯は幅広く、ピアノタッチを謳うものでも10万円前後からあります。

しかし、高価なものほど高品質な音とタッチを提供する傾向にあります。

グランドピアノに近い体験を求めるなら、最低30万円台クラス以上の予算が必要です。

おおよそ30万円以上の電子ピアノであれば、音源、スピーカー、鍵盤は高品質なものになり、本物のグランドピアノに近いタッチと音色を体験することができます。

鍵盤アクションの構造と材質

実際に指が触れる鍵盤は、最も弾き心地を左右します。

鍵盤のアクション、つまり鍵盤が動く仕組みとその材質が重要です。

グランドピアノに近いタッチを再現するためには、上質なハンマーアクションを採用したモデルを選ぶと良いでしょう。

タッチでの音色変化のほか、同音連打など早いパッセージの演奏も違和感なく演奏できます。

また、鍵盤の材質も重要で、木製の鍵盤が一般的には良いタッチ感を提供します。

音源は音色の特徴

音源は、電子ピアノが出す音色の品質を決定します。

音源は各社が様々な技術で、グランドピアノの音色や音質変化を再現しており、ブランドで優劣があるというよりは、音のキャラクターの違いがあり、選択は好みの問題です。

しかし、同じブランドでもグレードが高い音源の方が、より本物に近い音色の変化を指先でコントロールできます。

スピーカーは数が多いと良い

スピーカーはその音をどのように再生するかを決定します。

低価格な電子ピアノでは、スピーカーは左右に2個しかありませんが、高価格帯な電子ピアノは、6〜8個のスピーカーを搭載。

低音域と高音質を再生するスピーカーが別々なので、音が濁らず立体的に聞こえますし、

演奏者を包み込むようなグランドピアノさながらの音の広がり、聞こえ方を再現します。

本物のピアノタッチに近い電子ピアノのおすすめ機種

本物のピアノタッチに近いこと、上級者でも納得できる品質という視点し絞ったラインナップなので、予算が高いです。

低予算が良いならこちらの記事をご覧ください。

あわせて読みたい
【10万円以下】安い据え置き型電子ピアノおすすめ4選【無名ブランドがダメな理由】 ●ピアノを買いたいけど予算が10万円以下 ●Amazonで安いピアノがあるけど買っても良い? ●スタンド一体型のピアノでしっかり練習して早く上達したい というアナタに10万...

1位:CASIO Grand Hybrid GP-510

CASIO Grand Hybrid GP-510は、CASIOが誇る最高峰のハイブリッドデジタルピアノです。このモデルは、世界的に有名なピアノメーカーであるC. Bechsteinとの共同開発により、本物のグランドピアノと同じような鍵盤のタッチと音色を実現しています。また、CASIO独自のAiRグランドサウンドソースを採用しており、豊かで深みのある音色を再現します。

GP-510は、3つの有名なグランドピアノ(ベルリン、ハンブルク、ウィーン)の音色を再現することができ、それぞれの音色は、その特性を最大限に引き出すために、専門の音響エンジニアによって調整されています。また、音色の微調整や、ホールシミュレーターを使ったコンサートホールの再現など、細かい設定も可能です。

さらに、GP-510は、ハイブリッド構造により、グランドピアノ特有の鍵盤の重さと反発力を再現しています。これにより、演奏者はグランドピアノと同じ感覚で演奏することができます。

これらの特徴により、CASIO Grand Hybrid GP-510は、本物のグランドピアノに近い演奏体験を提供します。その高い演奏性と音質は、プロのピアニストからも高い評価を受けています。

あわせて読みたい
【電子ピアノの最適解】CASIO GP-310/510/1000 違い比較レビュー ●ピアノの先生にアコースティックピアノを勧められたけど、家には絶対置けない ●買っても後悔しないの電子ピアノを教えて! ●予算30万円で最高の電子ピアノは? という...

2位:CASIO Grand Hybrid GP-310

CASIO Grand Hybrid GP-310は、上位機種のGP-510と同様の音源と鍵盤アクションを採用しながら、約11万円安い魅力的なモデルです。

その違いは主に、音色のリアルさの追求です。GP-510にはダンパーの影響を受けることなく常に共鳴する「アリコートレゾナンス」「オープンストリングレゾナンス」という共鳴音も加え、より豊かで深みのあるグランドピアノさながらの響きを実現しています。

GP-310にはこの技術が備わっていません。

できる限り安く、グランドピアノと同じ鍵盤アクションを持った電子ピアノ(ハイブリッドピアノ)をお求めの方におすすめの機種です。

あわせて読みたい
【電子ピアノの最適解】CASIO GP-310/510/1000 違い比較レビュー ●ピアノの先生にアコースティックピアノを勧められたけど、家には絶対置けない ●買っても後悔しないの電子ピアノを教えて! ●予算30万円で最高の電子ピアノは? という...

3位:Roland LX708

Roland最高峰のデジタルピアノです。コンサート・グランドピアノの美しい音と表現力、さまざまな演奏シーンを体感できる豊かな響き、そして新たに進化したグランドピアノさながらの鍵盤タッチを持っています。また、デジタルだからこそ楽しいアプリやコンテンツも満載です。

このピアノは、ピュアアコースティック・モデリング・テクノロジーによって、アコースティック・ピアノの発音原理を忠実に再現しています。さらに、2つの全く異なるピアノ・モデルを搭載しており、やわらかく、あたたかみがあり、上品で艶やかな表情を持つ「ヨーロピアン」、そして、繊細で煌びやかなサウンドかつ華やかなダイナミクスさを持つ「アメリカン」の2つの音色を楽しむことができます。

鍵盤は、木材+樹脂センターフレームによるハイブリッド構造を採用。アコースティック・ピアノの演奏感や風合いを持ちながらも、耐久性と安定感に優れています。

また、LX708は鍵盤振動機能を搭載しており、アコースティック・グランドピアノ演奏時に、指先で感じる自然な振動を、デジタル技術で再現しています。

さらに、LX708は、演奏する空間の音響特性をモデリングし、ご自宅にいながらも、あたかもコンサートホールにいるような臨場感を感じて演奏することができます。厳選されたコンサートホール、スタジオ、ラウンジなど、6種類の空間を用意しています。

あわせて読みたい
Roland LXシリーズレビュー[705, 706, 708]限定モデルも違い比較 ●壊れにくくて、音も弾きやすさも良質な電子ピアノが欲しい ●ローランドのLXシリーズで、どれを選べばいいかわからない●予算25万円から50万円 楽器屋店員経験のあるyama...

4位:YAMAHA CLP-785

グランドピアノのような広いダイナミックレンジをタッチに応じて多彩に変化させることができます。これは、最新のテクノロジー「グランド・エクスプレッション・モデリング」により、ハンマー・弦・ダンパーなど、グランドピアノ内部機構の複雑な挙動によって生み出される多彩な音色の変化を再現しているからです。

また、「バーチャル・レゾナンス・モデリング(VRM)」という画期的な技術により、楽器全体が振動して生まれるふくよかな共鳴音の響きを緻密に再現しています。

さらに、最新の音響設計技術により、リアルなコンサートグランドピアノの音色をご自宅で楽しむことができます。Bluetooth®機能や無料アプリ「スマートピアニスト」にも対応しており、練習に役立つ豊富な内蔵曲とリズムが搭載されています。

あわせて読みたい
ヤマハ クラビノーバシリーズの違い比較 CLP-735/745/775/785 ●レッスンに通い始めたから、家での練習用ピアノが欲しい●ヤマハが一番有名で安心できるけど、どれが良いかわからない●クラビノーバシリーズの機種ごとに違いが知りたい...

5位:KAWAI CA901

KAWAIのフラッグシップモデルであるCA901は、最高峰の木製鍵盤と響板スピーカーを搭載しています。88鍵すべてが木製で、グランドピアノと同じシーソー式のアクション構造を持つ木製鍵盤は、長年のピアノ製造技術と革新的な技術の融合により生まれました。また、鍵盤表面には象牙と黒檀の風合いを再現した素材が使用されています。

音源には、ショパン国際ピアノコンクールなどで公式採用されているフルコンサートグランドピアノ「SK-EX」の音色を再現するSK-EXレンダリング音源が採用されています。この音源は、マルチチャンネルによる多層的なサンプリング技術と、88鍵盤すべての響きや共鳴音を忠実に再現するモデリング技術により、強打音から弱打音まで、ダイナミックレンジの幅が広く、まるでコンサートホールで弾いているかのような響きを実現しています。

また、1台の電子ピアノに、最高峰のフルコンサートピアノSK-EXのピアノ音を2種類、録音・収録しています。それが「SK-EXコンクールグランド」と「SK-EXコンサートグランド」です。複雑で芯のある音、そして繊細で柔らかいピアニシモ、あたたかく透き通ったメゾフォルテから壮大に響き渡るフォルテシモまで、広大なダイナミックレンジを持つSK-EXの音を再現しています。他にも「EXコンサートグランド」「SK-5グランドピアノ」のピアノ音も収録しています。

6位:YAMAHA AvantGrand N1X

YAMAHA AvantGrand N1Xは、コンパクトなサイズながらも、グランドピアノに近いタッチ感を提供するハイブリッドピアノです。

本物のグランドピアノの鍵盤アクションを再現するために、ヤマハ独自の技術が用いられています。

また、音源には、ヤマハの最高峰グランドピアノであるCFXとBösendorferのImperialから採取されたサンプル音源が使用されています。これにより、豊かで深みのある音色を実現しています。さらに、バーチャルリゾナンスモデリング(VRM)により、弦や響板、フレームなどの振動を細かく再現し、グランドピアノ特有の共鳴音を表現しています。

7位:KAWAI NOVUS 10S

KAWAIのNOVUS 10Sは、革新的な音源システムを搭載したハイブリッドピアノです。この音源システムは、全システムが稼働することで、フルコンサートグランドピアノ「SK-EX」の音色を再現します。マルチチャンネルによる多層的なサンプリング技術と、88鍵盤すべての響きや共鳴音を忠実に再現するモデリング技術により、突き抜けるような強打音から、ささやくような弱打音まで、ダイナミックレンジの幅が広く、まるでコンサートホールで弾いているかのような響きを実現します。

また、オーディオ・音響機器メーカーとして世界的に高い評価を得るオンキヨー株式会社との技術提携によって開発した高音質な再生システムを搭載しています。これにより、原音に忠実で、かつハイクラスオーディオに迫る高音質な再生クオリティを実現しています。

鍵盤アクションには、新素材カーボンファイバー入りABS樹脂を主要部品に採用し、高い剛性と軽量化を同時に実現したカワイグランドピアノの鍵盤アクションを搭載。軽快なタッチ、優れた連打性と弱打コントロール性、広いダイナミックレンジ、そして長時間使用しても性能低下が少ない高耐久性を実現しています。

8位:YAMAHA AvantGrand NU1X

YAMAHA AvantGrand NU1Xは、アコースティックのアップライトピアノと同様のアクション機構と木製鍵盤を持つハイブリッドピアノです。

最新の音源や精巧なセンサー、音響技術と組み合わせることで、グランドピアノさながらの演奏感と、豊かな表現力を実現しています。

さらに、「GPレスポンスダンパーペダル」により、グランドピアノ同様の操作感を体験できます。

ヘッドフォンを使用しても自然なサウンドを楽しむことが可能で、Bluetooth接続によりお気に入りの曲とのアンサンブルなど、楽しみ方が広がります。どんな部屋にも調和する優雅なデザインも魅力の一つです。

鍵盤のアクションやハンマーの動く方向が、グランドピアノとは異なるため、グランドピアノの演奏性を重視する方にはおすすめしません。

9位:KAWAI NOVUS 5S

KAWAIのハイブリッドピアノ、NOVUS 5Sは、アップライトピアノの演奏感を追求したモデルです。

最高峰のフルコンサートグランドピアノSK-EXに加え、同じくフルコンサートグランドピアノEX、ピアニストからの評価も高いミドルサイズのグランドピアノSK-5の3種類のグランドピアノ音色を内蔵しています。

また、オーディオ・音響機器メーカーとして世界的に高い評価を得るオンキヨー株式会社との技術提携によって開発した高音質な再生システムを搭載しています。

このモデルは、アップライトピアノKシリーズにおいて定評のある鍵盤アクションを搭載しており、長い鍵盤により、鍵盤の奥で弾いても軽やかなタッチを実現、繊細な演奏表現に対応することができます。また、ハンマーの動きを高感度光学センサーで検出することにより演奏者のタッチコントロールを正確に捉え、思い描いた演奏表現を可能にしています。

こちらもアップライトピアノと同じ鍵盤構造なので、グランドピアノの代わりではありません。

¥697,600 (2024/07/10 21:56時点 | 楽天市場調べ)

まとめ:本物のピアノタッチに近い電子ピアノの選び方

ピアノのタッチ感は、演奏者が音楽を表現する上で非常に重要な要素です。本物のピアノに近いタッチ感を持つ電子ピアノを選ぶことで、より豊かな表現力を得ることができます。また、正しい鍵盤タッチを習得するためにも、本物のピアノに近いタッチ感を持つ電子ピアノの選択は重要です。

電子ピアノ選びの最終的なアドバイス

電子ピアノを選ぶ際の最終的なアドバイスとしては、まず自分の予算を決め、その範囲で最も本物のピアノに近いタッチ感を持つモデルを選ぶことが大切です。また、鍵盤の構造や材質、音源やスピーカーの品質など、ピアノのタッチ感に影響を与える要素をしっかりとチェックすることも重要です。

さらに、自分がどのような目的で電子ピアノを使用するのか(例えば、コンクール出場のためのピアノレッスンなのか、趣味での演奏でも妥協したくないのか、など)を明確にし、その目的に最も適したモデルを選ぶことも大切です。

本物のピアノに近いタッチ感を持つハイブリッドピアノは、その価格帯で最も優れた性能を持つモデルであることが多いです。しかし、それぞれのモデルには独自の特徴や強みがありますので、自分のニーズに最も合ったモデルを選ぶことが最も重要です。本記事で紹介したモデルは、それぞれが本物のピアノに近いタッチ感を持つ優れた電子ピアノですので、ぜひ参考にしてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次